幼稚園と保育園の教育の違いを知らない人でもわかりやすく解説します。

  • URL Copied!

こんにちは、かすみです。

皆さんは、幼稚園と保育園の教育の違いを知っていますか?

子育てには、家庭以外で幼稚園・保育園が多いですが、どの施設を選んでも大切だと思うのが教育ではないでしょうか。

今回は、保育園と幼稚園の教育の違いを知らない人でもわかりやすく解説します。

記事の内容

  • 幼稚園について解説
  • 保育園について解説
  • 幼稚園と保育園の教育の違いは?
  • 幼稚園、保育園以外の施設もある

まずは、幼稚園について解説します。

目次

【幼稚園について解説】

幼稚園は、満3歳から小学校に就学するまでの幼児を教育しています。

年齢に応じた適切な環境を整え心身の発達を手助けするための教育施設で、心身の発達をはかり集団生活に慣れさせることを目的としている場所です。

「幼稚園の管轄は?」

幼稚園の管轄と元となる法令は以下の通りです。

  • 幼稚園の管轄→文部科学省
  • 法令→学校教育法


「学校」の文部科学省が管轄する幼稚園では、小学校入学前の「教育」の導入という意味合いが強い「教育施設」です。

幼稚園では子供たちがほとんどのことを自分達で出来るようになる時期でもあります。

ですので、朝園に登園してからの準備、トイレ、給食の準備なども子ども達で行うようにしているのががほとんどです。

かすみ

なるべく自分自身で行動ができるようにしているということです。

「幼稚園の年齢分け」

幼稚園では年齢別に年少・年中・年長で分けられているのは知っていると思います。

3歳が「年少」、4歳が「年中」、5歳が「年長」に当たります。

「幼稚園の教育は?」 

幼稚園での生活は、学校をイメージした教室が多いので、黒板があったり机やイスを学校に近い形に作られていたりします。

また、内容においても遊ぶだけではなく、季節に合わせた制作物を作る活動を通して、ハサミなどの小物を使う練習などがあります。

英語の先生を読んで英会話の授業などを取り入れている園も多くあります。

「幼稚園の預かる時間は?」

特に幼稚園は、保育時間が短い事が特徴です。

午前中から昼過ぎまで約4時間を基本に預かり時間を設定していて、延長保育園や習い事がある幼稚園だと夕方まで預かってもらえます。

【保育園について解説】

次は保育園について解説します。

保育園また保育所は、0歳から小学校就学前までの子どもを対象とした施設です。

保護者からの申し込みにより、「親が働いている、病気の状態」にある等の理由により家庭において十分に子どもを保育できない場合に、家庭に替わって子どもを保育するための児童福祉施設です。

子どもの子育てだけではなく、親や家庭に対し必要に応じて助言や支援を行なったり、保育園を利用していない子育て家庭に対しても子育て相談を受けるなど地域の子育て支援を行なっている所も少なくはありません。

「保育園の管轄は?」

保育園の管轄と元となる法令は以下の通りです。

  • 保育園の管轄→厚生労働省
  • 法令→児童福祉法

保育園は健全な心身の発達のため、子どもの自主性を尊重し自由に育てたり、教育の中でも特に日常の生活習慣などの指導といった「保育」を行う「児童福祉施設(親の代わりに就学前の子どもを保育する場所)」です。

「保育園の教育は?」

保育園での保育内容は教育というよりも遊ぶということを中心としていて、遊びの中で自らで気づいて学んでいくということに重点をおいているということが基本的な生活です。

例えば、3歳児を例にすると、

園庭で遊ぶ際には3歳児に合った遊具を使用

前日に雨が降っていた場合にはグラウンドの状態、遊具が濡れていないかなどを確認

怪我などのトラブルが起きそうな遊具は使用しないようにするなどのルールを決める

という感じです。要は、子ども達は決められたルールの中でそれぞれで自由に遊びます。

1人の子どもが使用しないと言われた遊具で遊んでしまった時には近くにいた子どもが「そこはだめだよ。」と教えてくれるなどルールを意識しながら遊べます。

保育園の生活は、

朝園に登園してから午前の活動

給食↓

午睡(お昼寝)

午後の活動

降園

とです。

他にも、一日の生活の中におやつの時間が取り入れられていて、年齢に応じておやつの時間、タイミングは異なります。

午前の活動の後や、午睡から起きたあと、延長保育の時に食べることが多いです。

「保育園の預かる時間は?」

保育園は、原則8時間以上となっています。保育園では降園と同時に延長保育と言って、お迎えが遅い子どもを時間を延長して預かってもらえます。

延長保育は18時から19時が基本的であり、ほとんどの園に取り入れられている事業です。

かすみ

保育園では、幼稚園と違って0歳から5歳までと幅広い子どもと関わりが多いのが特徴です。
自分より小さい子どもや大きい子どもと遊んだりすることで年齢が低い子には優しくすることや年齢が大きい子は小さい子の見本になろうとするなどといった様なことが自然と起きて来るので育っていくための環境としては様々なことを経験できるので私的にはおすすめです!

【幼稚園と保育園の教育の違いは?】

幼稚園と保育園どちらに子供を預けるか迷ったら、それぞれの教育の違いで考ましょう。

幼稚園で学べる内容

幼稚園は保育園と比べて保育時間が短くいのは先ほどお話しました。また、年齢も3~5歳までを対象としているので、読み書き、足し算、引き算などの勉強に力を入れているところが多くなっています。

かすみ

最近では英語教育や、運動教育に力を入れているところもあるようです。

保育園で学べる内容

保育園は0歳から保育できることから、生活の中で学べることが多くなっています。

食べ方の練習や、トイレトレーニング、お片付け、お昼寝など。3歳くらいになってくると、お絵かきや手遊びなど、知育を通した教育が含まれてきます。

4歳や5歳になってくると、身の回りの練習ができるようになり、周りの子供とのかかわりも増えてごっこ遊びを通した教育を取り入れるのが特徴です。

「幼稚園は学校っぽい。保育園は柔らかい教育。」

幼稚園のほうが、勉強に力を入れています。

親子で楽しめるイベントも幼稚園は多く、親子遠足やバザー、運動会などの行事も多く盛り込まれています。

幼稚園は家庭とのかかわりは深くなっていますが働いている家庭もあるので、そういった家庭に配慮した幼稚園も選ぶことは可能です。

保育園は幅広い年齢の子供がいることから、縦割り教育を取り入れています。

上の子が小さい子の面倒を見る教育もあり、保育園は生活のトレーニングが主体で、自然とのふれあいや、地域の人たちとの交流で過ごす場面もあるのが特徴です。

読み書きなどの勉強系は、園によっては取り入れているところもあります。

かすみ

幼稚園は学校っぽいですね。一方、保育園は一味違った教育を受けれそうです。

【幼稚園、保育園以外の施設もある】

幼稚園や保育園以外に、現在では「認定こども園」という施設が増えてきています認定こども園とは、簡単に言うと幼稚園と保育園の要素を合わせもった施設です。

0歳から就学前の子どもまで、保護者が働いている・いないに関わらず利用でき、預かり時間が長いことが特徴です。

また認定こども園ではタイプで分かれています。代表的な3つを紹介します。

  • 幼保連携型
  • 幼稚園型
  • 保育園型

「幼保連携型のこども園」

幼保連型のこども園は、幼稚園と保育園の両方の機能を併せ持ちます。

認定こども園として独立しており、教育機関かつ児童福祉施設として文部科学省と厚生労働省から認可を受けています。

「幼稚園型のこども園」

幼稚園型のこども園は、既存の幼稚園に保育園の機能が追加された子ども園です。教育をメインにした保育が行われます。

幼稚園としての位置づけは変わらないので、「幼稚園教育要領」に基づいた教育を行います。

「保育園型のこども園」


保育園型のこども園は、既存の認可保育園に幼稚園の機能が追加されたこども園です。幼稚園型とは逆に、保育をメインにした方針で行われています。

保育園としての位置づけは変わらないので、「保育所保育指針」に基づいた保育を行います。

【まとめ】

今回は、「幼稚園と保育園の教育の違い、認定こども園の教育」を紹介をしました。

どの園にも共通すること、それぞれの園の特徴などがあり、「絶対にここにするべき!」と一概には言えませんね。

実際に見学に行って、その園を調べ、雰囲気などを見ることをおすすめします!

今回はここで終わりにします。

お読みいただきありがとうございました!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

【この記事を書いた人】

目次
閉じる