バイトで注意するべき正しい言葉遣いを解説します【「よろしかったでしょうか」は間違い】

  • URL Copied!

どうも、のすけです。

バイト中に自分が使っている、何気ない言葉遣い。

飲食店などでよく聞く言葉遣いは聞いたことがあると思いますが、接客業では正しい言葉遣いが不可欠です。

自分流や間違った敬語を使った人も少なくない。というか、8割の人は間違った言葉遣いをしています。

今回はバイトで注意するべき正しい言葉遣いを解説します。

記事の内容は以下の通り。

記事の内容

  • バイト先では言葉遣いを注意される可能性は低い
  • バイトで注意するべき正しい言葉遣いを解説
  • 言葉遣いはその人を表すので注意が必要となる
  • まとめ

バイトで丁寧な言葉遣いをしようとすると、逆に変な言葉遣いになる場合があります。そのため、正しい言葉遣いが必要です。

のすけ

1つ話しておくと、言葉遣いで自分を表していると言っていいくらい大切で、言葉1つで全然印象が違います。

目次

【バイト先では言葉遣いを注意される可能性は低い】

マイナビバイトでは、「バイト先で、言葉遣いを指摘されたことはありますか」という選択項目式のアンケート調査を行ったところ、以下のような結果になりました。

「ある」 16.9%

「ない」 83.1%

https://baito.mynavi.jp/times/baito/20171130-2247/

学生の頃は、接客用語や敬語を知らないという人は多く、ビジネスマナーについて教わるケースが多いようです。

そもそも、間違った言葉遣いを指摘された人が少ないという現状もあります。意外と間違った言葉遣いを気づくことがないのかもしれません。

のすけ

私は、6年間働いてるバイト先で一番先にまず言葉遣いについて教えてもらいました。教わってからは、ほかの店に行った際に間違った言葉遣いをしている人が気になって仕方ありません。

【バイトで注意するべき正しい言葉遣いを解説します】

社会経験が浅い学生は、特に普段の生活で正しい言葉遣いを使う機会が少ないはず。

しかし、バイト中というのは、基本的にまずは敬語を使うことになるので、普段の生活で使っている言葉遣いがそのまま使ってしまうなんてこともあります。

バイト中に注意するべき正しい言葉遣いはいくつかがありますので解説していきます。

間違った言葉遣いの典型的な例は以下の通り。

間違った言葉遣いの典型的な例

  • 「~でよろしかったでしょうか」
  • 「~の方」
  • 「~になります」
  • 「~からお預かりいたします」
  • 「すみません」

その言葉遣いがなぜ間違っているのか、そして、正しい言葉遣いも解説します。

「~でよろしかったでしょうか」

「よろしかったでしょうか」という言葉は、「これでよかった」という言い方を丁寧語に直した言葉ですが、現在行っていることに対して「よろしかったでしょうか」という過去形の言葉遣いは間違っています。

ですので、「よろしかったでしょうか」という言い方は間違いです。

正しい言葉遣いは以下の通り。

「~でよろしいですか、~でよろしいでしょうか」

「~の方」

「~の方」という言葉は、複数のものを差して「どちらか一方」を意味する言葉ですが、物の比較を表す「ほう」というのは、比較対象がない場合は使わないので間違いです。

正しい言葉遣いは以下の通り。

「こちらでよろしいでしょうか」

「~になります」

「なります」という言葉は、変化」を表す言葉ですが、変化しないものに対して「なる」という言葉を使用するのは間違いです。

Aが別のBに代わるという意味合いです。変化しないものに対して、「なる」を使用するのは間違いです。

正しい言葉遣いは以下の通り。

「こちらは~です、こちらは~ございます」

「~からお預かりいたします」

「〜から」という言葉は、敬語として間違った形の言葉です。何かの物を受け取る時は、「〜をお預かりします」という言い方をします。

会計の例では、

「1000円、お預かりします」

「1000円、お預かりいたします」

という言葉遣いを使いましょう。

正しい言葉遣いは以下の通り。

「~をお預かりします、~をお預かりいたします」

「すみません」

「すみません」という言葉は、失礼をしてしまった時や迷惑をかけたときに使う言葉ですが、丁寧な言い回しの言葉としてよく使われていますがこれは間違いです。

接客時には「申し訳ありません」とシンプルな言葉を使いましょう。

正しい言葉遣いは以下の通り。

「申し訳ございません」

【言葉遣いはその人を表すので気をつけよう】

言葉遣いは、その場の感覚やノリで丁寧語を使ってしまうと大抵のことは間違っていることがあります。

今回、間違っている言葉遣いを見てみて、一度は「言ったことがある」と感じた人は絶対にいるはずです。間違った言葉遣いは恥ずかしいです。

特に、バイトでは間違った言葉遣いをしていると「所詮、バイトだから」と思われます。

きちんとした正しい言葉遣いが身についていると、バイトだけではなく「目上の人と話すときや初めての人と話すとき」でもきちんとした印象を与えることができるので、この先ずっと役に立ちます。

バイトの時から言葉遣いを気をつけることで、将来のためになりますので、言葉遣いは気をつけましょう。

【まとめ】

今回は、バイトで注意するべき正しい言葉遣いについてお話しました。

バイトで使う言葉遣いは、基本的には語尾には「~です」を使うといいと思います。

せっかくバイトをするのですから、正しい言葉遣いを学ぶ機会にしましょう。そこで得た経験がきっとこの先も役に立つはずです。

今回はここまでにします。それでは。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

【この記事を書いた人】

「のすけ」 福祉系の大学に通う大学3年生

主に「学生向けコンテンツ、副業に興味がある学生、福祉、保育」など役に立つ情報を発信しています。

目次
閉じる