学生バイトで仕事ができない人の特長を解説。【改善方法も一緒に解説】

  • URL Copied!

どうも、のすけです。

「バイト中にこの人は仕事ができないな」と思った経験ありますか?

そんな時にこの人は本当に、「仕事ができないのか?」と疑問に思うことがあると思います。

特に、学生バイトでは、それぞれに与えられた役割があるはず。男女問わず、自分に与えられた役割を果たせていない人のことを一般的に「仕事できない人」と言われてしまいます。

学生の人は誰もが「仕事ができる人」になりたいと思っているはず。

今回は、「学生バイトでの仕事ができない人の特長と改善方法」を解説していきます。

記事の内容は以下の通り。

記事の内容

  • 仕事ができない人の特長を解説
  • 仕事ができない人向けの改善策
  • まとめ

この記事を読むと学生バイトでの仕事ができる人になれます。

目次

【仕事ができない人の特徴を解説】

まずは仕事ができない人の特徴をいくつか解説していきます。

当てはまるものが多い人は、仕事ができない可能性が高いかもしれません。

仕事ができない理由はいろいろあります。ですが、思考や自身の行動によって改善できることが多いです。

それでは解説していきます。

同じミスを何回も繰り返す

そもそも、ミスを一度も起こしたことがないという人はほとんどいないですよね。

ミスが起こることは避けられないのは事実。しかし何度も同じミスばかりを繰り返すとどう思うでしょうか?

「あの人は仕事ができない」と思われても仕方ありませんね。

人は失敗する生き物ですが、それを学んで成長することができないと結局同じミスをしてしまいます。

同じミスを何回も繰り返す人は仕事が全く出来ない人と思ってもいいです。

なにかハプニングが起きたり、緊急事態が発生しても、冷静に対処出来ない人が多いです。

同じミスを繰り返すと周囲からの信頼がどんどんとなくなりますので気をつけましょう!

「仕事の優先順位が悪い」

新しく仕事を頼まれると作業中の仕事を一旦中止します。ですが、新しく任された仕事を始めてしまい、どれも中途半端になってしまうことがありませんか?

そういう人は、仕事の優先順位がつけられないために、納期に間に合わず焦ってしまうこともあるはず。

仕事をする上で優先順位をつけることはとても大切で、バイトや仕事というのは常に考えながら仕事をしましょう。

この仕事はこのくらい時間がかかる」などの判断は経験によるところも多いはず。

たくさん失敗と成功を繰り返しながら、仕事の優先順位をうまくつけられるように訓練しましょう。

まず頭の中でしっかりと考えて優先順位を決めましょう!

「報連相がない

報連相とは以下の通りのことを指します。

報連相とは

報告:仕事の進捗状況や結果を報告すること

連絡:仕事についての確認や、連絡をすること

相談:問題発生時に目上の人に指示を聞いたり、アドバイスを求めること

基本的に、報連相がない人は横の繋がりが薄いです。

そういった大きな仕事の流れや状況が分かっていない人は、自分の仕事のトラブルやアクシデントが発生しても周囲に報告しません。

本当は違うことをしてほしいのに、確認もなしに行動したために余計な仕事を増やしてしまうことがあるので注意が必要です。

いい報告は良くなった理由の分析を行い、さらに良くしようという行動につながります。

しかし、悪い事象が発生した時は、場合によってはすぐに対処しないと取り返しのつかないことになりかねません。

悪いことを、「何故ダメだったのか」という意識がないため、悪い事象が起こっても対応できないことがあります。

勝手に仕事をしたり、確認もなしに行動するのはNGです。

ですので報連相ができない人は仕事ができない人と言えるでしょう。

「素直じゃない

素直に相手の意見を聞くことは大切です。

自分の意見だけでは仕事はできませんし、絶対に失敗します。

素直に自分のミスを認めること、人の話を聞くことは大切です。

「挨拶やお礼がない

挨拶は基本の基です。

挨拶ができない人は、どんなに優秀でもNGです。挨拶から繋がりが増えることだってあります。

挨拶はしっかりとしましょう!

「無駄な動きが多い

無駄な動きが多い人は、作業の効率が悪いです。

仕事内容に慣れるまでは仕方ないですが、仕事に慣れてからは無駄な動きを無くしましょう!

「作業効率が悪い

作業効率が悪い人は、なにをしても時間がかかります。

仕事が遅い人は、作業効率が悪いという意識を持ちましょう!

【仕事ができない人向けの改善策】

「メモをとる

仕事の流れのポイントやコツをメモするのは大切です。

頼んだことを確実にできる人は評価が上がりやすいです。何を頼まれたかを確実に理解するためにメモを取ることはとても大切です。

何をメモすればいいかわからない人向けに例を出しておきます。

  • 誰に
  • 何を
  • いつまでに

など。この3つは残すようにしましょう。

メモを目立つところや自分が必ず見る場所に置いておきましょう。

一日の最初と最後にもう一度確認することで、より確実に仕事をこなすことができます。

大切な所は迷わずメモをとりましょう。メモをとる習慣をつけましょう。

「報連相の徹底

報連相とは

報告:仕事の進捗状況や結果を報告すること

連絡:仕事についての確認や、連絡をすること

相談:問題発生時に目上の人に指示を聞いたり、アドバイスを求めること

情報共有することで、その後の仕事をスムーズに行うことができます。

業務状況の報告や連絡がない場合、相手を不安にさせることがあります。

  • 分からない部分は聞く
  • 何故ダメだったのかを聞く
  • しっかりと相談する

これは間違いなく仕事ができるようになります。

ミスに早く気づくことができ、仕事ができない人から仕事ができる人になります。

こういった相違が、仕事スピードに影響します。報告や連絡はしっかりと行いましょう

「ミスの原因を突き止める

なぜミスしたのか

原因を発見

ミスを改善

「なぜミスをしたのか」を考えることはとても大切で、「次につながるミス」にすることができます。

対策を練ることができますので大切です。

ミスした時は、自分のせいだと割り切って、何故ミスしたのかを考えるようにしましょう。

「周りの状況をよく見る

仕事をしながらも周りがどんな行動をとっているのか観察しましょう。

今本当にやるべき事をしっかりと見極めることができます。

そして自分の頭で考えること

常に、「自分が何をすることができる」のか。これを考えましょう!

「学ぶ姿勢が大切

メンタル的な部分かもしれませんが、早く仕事ができるようになるには色々聞いたり、見たりをすることは大切です。

 要は、学ぶ姿勢がとても大切。

仕事できる人に共通するのは普段から勉強やスキルアップの時間をとっていること。通勤時間はビジネス書を読んでいたり、資格の勉強をしたりと。

すぐに効果がでるものではありませんが、毎日コツコツ、週2日、3日でも勉強・スキルアップの努力をしていけば半年後、1年後、3年後…大きな差が出てきます。

ぜひ「仕事ができる人」になるために勉強・スキルアップ普段から行いましょう。

【まとめ】

今回は、仕事ができる人の特徴と改善方法を解説していきました。

基本的に、学生バイトで仕事ができない人はすぐにバイトをくびになったりするので気をつけましょう。

仕事に慣れるとストレスが無くなったり、バイト中の時間が充実しますので早く仕事ができるようになるほうが圧倒的にいいはずです。

今回はここまでにします。それでは。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

【この記事を書いた人】

「のすけ」 福祉系の大学に通う大学3年生

主に「学生向けコンテンツ、副業に興味がある学生、福祉、保育」など役に立つ情報を発信しています。

目次
閉じる