飲食店バイトはきついのか?【6年以上飲食店でバイトをしている私が解説】

  • URL Copied!

どうも、のすけです。

学生のほとんどが選択する飲食店バイトですが、飲食店バイトはきついから辞めてしまうという人を沢山見てきました。

ネットでバイト関連のことを検索した時には「飲食店でのバイトはきついからやめた方がいい」などの記事を1度は目にすると思います。

この記事を書いている私は、現在、飲食店バイトを6年間以上しています。

今回は、飲食店でバイトをしようか悩んでいる人向けに飲食店バイトの仕事内容や学べることなどについて解説していきます。

記事の内容

  • 飲食店バイトの仕事内容
  • 飲食店バイトのきついと言われる点
  • 飲食店バイトがきつい時の対処方法
  • 結論、飲食店バイトはきついのか?

飲食店バイトはきついと思われがちですが、

まずは飲食店バイトの仕事内容から見ていきましょう。

目次

【飲食店でのバイトの仕事内容】

飲食店バイトでは、主に「接客、料理運び、洗い物、片付け」などが仕事です。

「接客」

飲食店バイトの一番の仕事といえば接客です。

お客さんを席へ案内するところから、オーダーを取ったり、料理をお客さんの所へ持って行く仕事です。

お客さんとの接客をしながらコミュニケーションを取るのは慣れるまでは大変かもしれません。

のすけ

長く飲食店でバイトしていると、常連さんから話しかけられることがあります。
話す機会が増えると、更にコミュニケーション能力upですね。

「料理運び」

お客さんがオーダーしてくれた料理を間違えずにその卓へ運ぶ仕事です。

バイト先にもよりますが、飲食店では卓番号が設定されている場合が多いです。

卓番号を間違えずに料理を運ぶのは最初のうちは、慣れるのに苦労するかもしれませんね。

「洗い物」

洗い物は、正直面倒な仕事の1つです。

特に、忙しい時間帯の洗い物や、汚れが固まって乾いている場合は特に面倒です。

最初は洗い物のスピードが遅くてどんどん洗い物が溜まってくることがほとんどです。

洗い物は確実に飲食店バイトである仕事です。

「片付け」

飲食店バイトではまず最初に教えられる仕事となるのが席の片付けです。

席の片付けは、店の基準となる片付けがあるのでそれに従う形です。

【飲食店バイトがきついと言われる点】

飲食店バイトは何故きついと言われるのでしょうか?

私の持論ですが、きついと言われる点には大きくわけて2つあると思います。

それが、「仕事の多さからきついという点と精神的にきついという点」です。

どういうことなのか解説していきます。

「仕事の多さからきついという点」

飲食店では基本的に仕事が多いです。

先ほど挙げた仕事内容だけではなく、ドリンクの名前や、料理の名前など、仕事をするうえで必要となるいわゆる知識みたいなことが多いので覚えるのが本当に大変です。

もちろん覚えてないと普段の仕事に影響がでるので、どんどん仕事が遅くなってしまいます。

仕事が多くなると休む暇もありませんし、仕事が多いというのはバイトをするうえできついという点かもしれません。

「精神的にきついという点」

精神的にきついというのは、バイト先の雰囲気や仕事ができないことからくる精神的不安から飲食店バイトがきついといわれてしまうことが多いのかもしれません。

バイト先の雰囲気が悪くなるのは飲食店特有のものです。

決して仲が悪いとかそういうものではなく自分の仕事をするのに必死で雰囲気がピリピリすることから生まれるものです。

この雰囲気がバイトの子たちの居心地を悪くしてしまうことがあります。

この居心地の悪さが精神的にきついといわれる原因なのかもしれません。

【飲食店バイトがきつい時の対処方法】

飲食店バイトがきつい時の対処方法として、

  • 仕事をいち早く覚える
  • 効率化を考えながらバイトをする

この2つが挙げられます。それぞれ解説していきます。

「仕事をいち早く覚える」

先ほども話したとおり、飲食店バイトでは仕事の量が多いというのがあるので、どんどん仕事を覚えていくしかありません。

仕事を早く覚えることで、仕事の量が多いことで焦ってしまうということもないし、多くの仕事をこなせるようになっていきます。

いち早く覚えることで、バイトがきついということから少しずつ解放されていくと思います。

「効率化を考えながらバイトをする」

仕事の効率化を考えながら仕事をすることが飲食店バイトでは大切になってきます。

1つ1つの仕事を効率良く作業するように心がけると、だんだんと2つ、3つと同時に仕事ができるようになります。

同時に仕事ができるようになると、仕事を終わらせるのが早くなります。

飲食店バイトがきついなら少しでも仕事を早く終わらせるように努力すればいいということです。

効率化を考えてバイトをすると自然ときついと思うことがなくなると思いますよ。

【結論、飲食店バイトはきついのか?】

飲食店バイトはきついのかという問いに対して、私個人の意見として、

「きつくはないけど、根性とやる気が必要」

という感じでしょうか。

「無理に飲食店にこだわる意味はない」

もちろん、仕事には向き、不向きがあります。

自分に飲食店バイトが合ってないと思ったり、きついと感じるのであれば、飲食店でのバイトを避けることをおすすめします。

世の中には様々な種類のバイトがあります。

なにも飲食店だけでしかバイトできないという訳ではないので色んなバイトに挑戦してみるのもいいとも思います。

のすけ

バイトをすぐに辞めるよりも、ある程度は続けてから判断するのもいいと思います。

「飲食店バイトは社会人に必要なスキルが身につく」

飲食店バイトでは、人とのコミュニケーション能力をupさせたり、言葉遣いなどの社会人に必要なスキルが身につきます。(職種にもよりますが)

この2つの能力は社会人になってからも絶対に必要なスキルになってきます。

総合的に考えると、飲食店バイトから学べることは将来に繋がると言えるでしょう。

今回はここまでにします。それでは。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

【この記事を書いた人】

「のすけ」 福祉系の大学に通う大学3年生

主に「学生向けコンテンツ、副業に興味がある学生、福祉、保育」など役に立つ情報を発信しています。

目次
閉じる