大学生に本当におすすめのバイト5選【バイトを6年以上継続の私が解説】

  • URL Copied!

どうも、のすけです。

大学生になると生活する範囲が変わっていくのは当然のこと。お金がかかるために、バイトをしようと思う人も多いのではないでしょうか。

大学生の場合、勉強との両立でバイトに負担をかけたくないという人も多いと思います。

今回は、大学生でも本当におすすめするバイトを5つ厳選して紹介します。また、それぞれのポイントや注意点をお伝えします。

記事の内容は以下の通り。

記事の内容

  • 大学生に本当におすすめのバイト5選
  • ファストフード店
  • 居酒屋
  • コンビニ(深夜)
  • ドラックストア
  • スーパー
目次

【大学生に本当におすすめのバイト5選】

早速、大学生に本当におすすめするバイトを5つ紹介します。

大学生に本当におすすめのバイトをご紹介しながら、それぞれのポイントや注意点を話していきます。

【ファストフード店】

チェーン店では、深夜営業をしているところがあることが多いです。

また、自宅から通いやすく自分に合ったお店が見つかりやすいのが特徴です。

求人の数が多く、シフトの融通が利きやすいため、大学関係のことと両立したい方におすすめです。

「仕事内容」

基本的には、接客業となるのでお客さんとの関わりがほとんどです。

レジ、商品の袋詰め、ドリンクの補充、キッチンでの調理」などがあります。

「おすすめの理由」

チェーン店は、求人数が豊富でまず不採用のことはないと思います。

接客業というのもあり、コミュニケーション能力、マナーなどが身に付くでしょう。

また、シフトに融通が効きやすいため、自分に都合の良い時間帯を選んでバイトをすることができます。

「注意点」

チェーン店は基本的に忙しいため、精神的な疲れ、肉体的な疲れが出てきます。

バイトが終わった後には、疲労困憊になっていることが多いです。

お客さんの質が悪く、何かとお客さんから注意されたりクレームを受けたりすることがあります。

時給が安いこともあるので注意が必要です。

のすけ

接客の中で自分の言葉を使う場面が多いので、間違った言葉遣いをしてしまうことも多いです。

【居酒屋】

飲食業の中でもお酒を主に提供する居酒屋のバイトは大学生にはおすすめのバイトの1つです。

深夜料金となる夜10時以降まで働ける場合がほとんどで、少ない時間の中でなかなかいい給料がもらえます。

仕事内容として、大皿やジョッキなどを運ぶことも多いので、意外と重労働な場面があります。

髪型や髪色、ピアス等のアクセサリーも厳しく言われることは少ないです。

「仕事内容」

居酒屋の仕事は、基本的にはホール係とキッチン係に分かれて働くことが多いバイトです。

マニュアルがあることが多いので、仕事自体もやりやすいと思います。

「ホールスタッフ」

ホールスタッフでは、来店したお客さんの案内から注文取り、お酒や料理の提供、テーブルの片づけ、会計、店内の清掃までの一連の流れの作業などを行います。

「キッチン」

結論、お店によりますが、「調理補助から皿洗いまで一通りの業務」が基本的な作業です。

大型店では、中心に特定のポジションだけを任せられるところもあります。

特定のポジションとは、洗い場、焼き場、揚げ場など個々の仕事を専門に担当するという意味です。

「おすすめの理由」

学生など同世代が集まりやすいので、交友関係が広がる可能性があります。また、接客の仕方や仕事のやり方を学んだりすることができると思います。

お酒を提供する場でのバイトなので、酔った人に対しての接し方がうまくなっていきます。

夜遅くまで営業している店が多いのでたくさん稼ぎやすいことも大学生にはおすすめできる理由です。

「注意点」

居酒屋でのバイトは、ビールジョッキや大きいお皿などを運ぶことが多いので、実は重労働バイトです。

お酒を飲んだ酔ったお客さんの対応やバイト自体の忙しさがあります。

また、深夜のバイトなので体力的に厳しいというのもあります。

お酒が入る席での接客ということもあり、苦労があったりすることもありますが、その分メリットも多いバイトです。

のすけ

ホールやキッチンが忙しくなると現場がピリピリことがあります。酔っ払ったお客さまへの対応も大変ですね。

【コンビニ(深夜)】

時給の高さから人気が高いコンビニの深夜バイトもおすすめのバイトの1つです。

コンビニの深夜帯はお客さんの数が少ないです。

深夜の時間帯(午後10時~翌5時)では、夜間手当を含んだ昼間の時給の25%以上の割り増し賃金が支払われます。

地域差はありますが、深夜のバイトは時給1,000円以上となっている場合がほとんどです。

「仕事内容」

コンビニの仕事内容は大きく分けて、「レジ打ち、接客、店内清掃、商品の陳列、商品の発注、簡単な調理」などがあります。

また、深夜時間帯は「廃棄商品のチェック、仕入れ商品の検品と品出し、本や雑誌の検品と返本のチェック」などもあります。

ただ、コンビニによっては、仕事がなく、暇な場所もあるようです。

「おすすめの理由」

コンビニの深夜シフトは午後10時から午前6時ぐらいが多いため、1日で8,000円から10,000円程度稼ぐことが可能です。

深夜バイトの中でも常にどこかで募集されています。

「注意点」

コンビニの深夜バイトをした場合、昼夜が逆転することがあります。

大学生の場合、バイト中心になり単位を落とす場合もあります。本当に気を付けてください。

【ドラックストア】

市販薬や食品、化粧品など幅広く取り扱うドラッグストアも大学生におすすめできるバイトの1つです。

「仕事内容」

ドラックストアのバイトでは、レジ打ちや商品陳列のほか、来客数が少ない時間帯は店内の清掃などを行います。

レジ自体は商品の入力が手打ちの店舗と自動で精算してくれる店舗のどちらもあります。

「おすすめの理由」

ドラックストアでは、仕事のやることが決まっている場合がほとんどです。

また、 同年代の人が多かったため、気軽に話しかけることができるので安心してバイトをすることができます。

シフトの融通もきくので、自分が入ることができます。

そして、ドラッグストアでは社員割引がある場合があります。場所にもよりますが、商品を5%から10%程度安く買えるので、生活にはありがたいですね。

「注意点」

まず、商品を覚えるのが大変です。最近では、ドラッグストアには色んな商品が並んでいることが多いです。

医薬品から、食品まで基本的になんでもそろっていますよね。

商品数が多いと案内をする時は、商品の場所を覚えておかないと接客の時には困ると思います。

また、専門的な薬についての問い合わせがある場合があります。

こういった専門的な問い合わせはバイトが適当に答えていい範囲のものではないので注意が必要です。

【スーパー】

スーパーのバイトは、仕事が比較的簡単で気軽に始められるバイトの一つです。

また、家の近くにもあるケースが多いので、通勤が楽です。

「仕事内容」

スーパーのバイトでは、「レジ、ポイントカードの発行、品出し」などがあります。

「おすすめの理由」

スーパーの仕事は、覚えやすいです。また、接客スキルが身につきます。

また、シフトの融通が利くというのもスーパーのバイトでのおすすめできる理由です。

スーパーでは、新商品が出ると目玉商品として入荷されるところが多いので、新しい商品を知るきっかけになります。

「注意点」

スーパーバイトでの注意点のとして、面倒なお客様の対応が大変です。

そして、スーパーでは食品を扱ってるので、衛生面には気を付けましょう。

また、働いている人との交流が少ないというのも注意したいですね。

のすけ

学生は出会いを求めながらバイトをしている人も多いと思います。
ですので、働いている人との交流を重視したい人は違うバイトのほうがいいと思います。

【接客業は将来につながる】

今回は大学生に本当におすすめできるバイトを5つ紹介していきました。

私は、せっかくバイトをするなら将来につながるバイトをするべきだと思っています。ですので人との関わりバイトを紹介しました。

自分が気になるバイトがあれば、実際にバイトをしてみるのもいいと思いますよ。

今回は、ここまでにします。

それでは。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

【この記事を書いた人】

「のすけ」 福祉系の大学に通う大学3年生

主に「学生向けコンテンツ、副業に興味がある学生、福祉、保育」など役に立つ情報を発信しています。

目次
閉じる