【雑談】給付金は子どもににあげるべきなのか?

  • URL Copied!

やぁ、どうも!Tばっくのじょしです。

新型コロナウイルスの影響で経済に大きな影響がでたことを鑑みて、国民1人に対し「10万円」の給付金が出ましたね。

親が全て貰った人、逆に全て自分が貰った人、様々だと思います。

今回の給付金は、世帯主に連絡がきて、住民票に記載されている家族の人数×10万円が給付されますが、「シングル世帯なら10万円、2人家族なら20万円、3人家族なら30万円」という形になります。

世帯の人数が多い場合、給付金額も増えるわけです。

そうなると問題になるのが、「子どもへの給付金はどうするか」という問題です。

今回は、「子どもへの給付金をどうするのか」ということについてお話します。

まずは、大学生以外の子どもにあげるべきかどうかを話していきます。

目次

【子どもがまだ小さい場合】

ここでいう小さい子供とは、「未就学児や小学生の場合」です。

給付金の10万円を自分の判断で使うことが出来ない場合、親に権利があります。

使い道は親が判断してもいいと思います。

子どもの喜ぶようなことをしてあげるというのもいいんではないでしょうか?

例えば、

預かっておいて、必要な時に渡す。子どもの将来のためにとっておく。預かって一部を子どものために使う。

などの選択肢があるんではないでしょうか?

明らかに収入が減ってしまっている家庭はそんなことを気にすることなく、生計費に充てるといいと思います。

【中学生、高校生はどうなのか】

今回の難しい点の1つとして、ある程度の年齢になっている場合です。

子どもがある程度の年齢の場合、子どものほうから「10万円もらえるの?」などと聞いてくるかもしれません。

繰り返し言いますが、親子でしっかりと話し合いをしましょう。

子どもとはなかなか説得が難しかったりします。

年齢にもよると思いますが例えば、

・親が全額もらう
・子どもに一部をあげる
・子どもに全額あげる
・親がもらい、家族旅行などにつかう

などの使い道があるんではないでしょうか?

子どもの年齢や、家計状況を加味して判断しましょう。

子どもの場合、全額を渡すとなるとかなりの金額ですよね。

渡す際に、しっかりと話し合い、「お金の大切さ」を教えてあげるといいと思います。

そのうえで自由に使わせてあげましょう。

【子どもが社会人の場合】

もう、社会人として社会にでている場合、給付金を使う権利は子どもにあるべきだと思います。

親子が同居している家族もいると思います。

その場合は、親子で話し合い、生活費を少しあげて余ったぶんを貰うなどの判断が必要です。

私の個人的な意見ですが、自分で税金を払っているかどうかがポイントだと思っています。

【大学生の場合(今回のポイント)】

今回の最も大切な問題です。

大学生は給付金をもらうべきなのか。

難しい問題だと思います。

なぜ難しいのか。それは社会を知っているからです。

・お金の管理は自分で行いたい
・学生なんだから10万円を使う権利がある
・国民に給付されるんだから学生である自分にももらう権利はある

などなど。

今回の給付金の割合的には、子どもに給付金をあげている家庭はあまり多くはないようです。

親が養っているんだから親がもらうべき親権者は親だからもらうのは親である生活費を親が払っているんだから当然

確かに親としてはもらう権利が親にあるのは当然だという考えですよね。

今回の給付金とは、そもそもコロナウイルスの影響で減給になってしまう人などの生活が苦しくなるのを助けるためです。

大学生となるとまだ実家で暮らしている人もいるでしょう。

1人暮らしをしていて、家賃を払ってもらっているなどの仕送りを貰っている場合など。

まだまだ、学生は親に生かされている現状があります。

自分の力だけで大学などに通っている人は貰う権利があるとと思います。

私も現在、大学生ですが親に給付金はあげました。

あげたという言い方はおかしいのかもしれません。

いつもお世話になっているし、これからもよろしくお願いします。の意味も込めました。

変わりに、iPadを買ってもらいました。

親としっかり相談して喧嘩にならないような結果になりました。

大学生となると、社会をある程度知っていますし、自分のために使いたいと思ったり、バイトをして生活をしている場合が結構あるのでなんとも言えません。

給付金は大人しく渡すべきだと思います。

その代わりに○○買ってほしい。

などの交換条件を持ちかけるのも1つの手ではないでしょうか?

親子でしっかりと話し合うことが大切です。

話し合った結果、貰うことになったらそれはラッキーです。

あくまでも給付金は生計費の補填ということなので親の家計が厳しい状況などは学生なら分かっていると思います。

このようなお金の話を親子でするとなると子どもの立場からしてみると話をしにくいんですよね。

ですから親の方から話を持ちかけるのもありだと思います。

【まとめ】

お金の使い方を考えるきっかけになるのではないかなと思いました。

今回の話はとても難しい問題だと思います。

こうしたお金が関与する親子での話し合いは大切ですし、普段親ともあまり話さないような人は特に今回の給付金をきっかけに話をしてみてはどうですか?

家族にとって有意義なお金の使い方を考えるきっかけになるんではないでしょうか。

今回はここまで!

そんじゃ、また!おつかれ!

【さいごに】

Twitterから「ブログの更新やお知らせ」を見ることができます。

こちらが私のTwitterですのでフォローしてくれるとありがたいです。

有益な情報を発信しています。

よろしくお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

【この記事を書いた人】

「のすけ」 福祉系の大学に通う大学3年生

主に「学生向けコンテンツ、副業に興味がある学生、福祉、保育」など役に立つ情報を発信しています。

目次
閉じる