【雑談】アレルギー検査受けてきました!結果はどうだったのか!検査の受け方についても解説します。

  • URL Copied!

やぁ、どうも!Tばっくのじょしです!

先日、「アレルギー検査」を受けてきました。

アレルギー検査なんてやるのいつぶりだろう。笑

幼少期の頃からやってないと思います。笑

私は小さい頃、ミルクアレルギーがあり、牛乳が飲めなかったのでアイス、チーズなどの乳製品は食べることができませんでした。

現在、20歳で節目でもあるしアレルギー検査受けてみようかなとも思ったので受けてきました!

目次

【そもそもアレルギーとは】

 アレルギーとは、あるものに対して過敏に反応する状態で、免疫反応が関係するものをいう。免疫とは、体を守るための防御システムで、もともと生き物が持っている「自然免疫」と、何らかの刺激を受けてあらたにできる「獲得免疫」とがある。
 アレルギーについてよくわかっているのは、獲得免疫の中のIgEという抗体が関係する反応で、アレルギー体質はこのIgEを作りやすい体質で、遺伝的にかなり決定されてている。何かのアレルゲンに対しそのIgEを持っていることを、そのアレルゲンに「感作されている」という。しかし感作されているイコール病気ではなく、IgEとアレルゲンが反応して初めてアレルギー症状を起こす。もともとのアレルギー体質に、いろんな環境の悪化因子が作用して病気が発症する、あるいは病状が悪化してしまう。
 体質はなかなか変えられませんが、何が悪化因子かを知って、環境を整えることでアレルギーの病気は発症を予防できたり、症状を軽くすることができる。

【アレルギー検査の結果は?】

ハウスダスト」 陽性3.05

「ダニ」 陽性3.15

という結果でした。

割と、ハウスダストとダニはみんな持ってるようなイメージがありますがどうなんでしょうね。

他のアレルギーはすべて陰性だったので良かったです。

なんかアレルギーあったらどうしようかなと思っていたりしてたので安心しました。

【アレルギー検査の方法】

結論からいうと、「内科、皮膚科、小児科などの病院」で簡単に行う事が出来ます!

検査方法は、「血液検査」です。

子供から大人は腕の血液を少し取ります。

赤ちゃんの場合だと、足の裏から血液を取られるらしいです。

大した量ではなかったので、日常生活には支障は出ないと思います。

【アレルギー検査は誰でも受けられる】

アレルギー検査は、赤ちゃんから大人まで誰でも受けることができます。

【アレルギー検査は保険適用の3割負担】

アレルギー検査は保険適用なので、「自己負担額が3割」です。

だいたい5000円程度で検査をすることができます。

また、アレルギーにより治療が必要な場合は、補助金がもらえます。

自分が住んでいる地域の自治体に問い合わせてみましょう。

【自宅でアレルギー検査も可能】

ウェブサイトから、アレルギー検査キットを購入できます。

また、薬局で売っている場合があるので問い合わせてみるのもいいかもしれません。

検査項目にもよりますが、だいたい2万~4万程度です。

金額や、面倒さの点からも「病院での検査」をおすすめします。

【まとめ】

アレルギーには色んな項目があります。

生活に支障がでている場合や、何らかの症状が出ている場合は検査をおすすめします。

また、自分を知る意味でもアレルギー検査はしておいた方がいいと思います。

担当の先生からは、「5年おき」に検査をしておいた方がいいと言われましたのでそれくらいの間隔で行うのがよいでしょう。

【さいごに】

Twitterから「ブログの更新やお知らせ」を見ることができます。

こちらが私のTwitterですのでフォローしてくれるとありがたいです。

有益な情報を発信しています。

よろしくお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

【この記事を書いた人】

「のすけ」 福祉系の大学に通う大学3年生

主に「学生向けコンテンツ、副業に興味がある学生、福祉、保育」など役に立つ情報を発信しています。

目次
閉じる